男性ホルモンと薄毛の関係を徹底解説! 男性ホルモンが多いとハゲるは本当か?

男性ホルモン画像

 

「男性ホルモンが多いとハゲるらしいよ。」

こんな話をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

「なるほど。確かに男性ホルモンが多くて性欲が強そうな人はなんとなくハゲてるイメージあるなぁ。」そんな感じで疑いなく信じている方も中にはいるようです。

しかし、よく考えてみてください。

男性ホルモンが多い人がハゲるのであれば、男性ホルモンが大量分泌される思春期の若者はみんな薄毛に悩んでいることになります。

しかし、現実をみると若い男性ほど髪の毛はフサフサでおっさんになればなるほどハゲが多い。

つまり、「男性ホルモンが多い=ハゲる」のはウソという事になります。

むしろ若者の方がエネルギッシュで性欲が強く体毛がフサフサな事から、男性ホルモンは男らしさという意味で身体に良い影響を与えています。

つまり、男性ホルモン自体は髪の毛に対して全く悪さをしていないのですが、男性ホルモンとある物質が結びつくとハゲになりやすいというカラクリがあるのです。

 

男性ホルモンと薄毛の関係は?

“男性ホルモン”そのものが直接的に薄毛を引き起こすワケではないことは分かりました。では、ハゲの原因となる黒幕の正体とは一体何なのでしょうか。

真実を知るヒントは、私達の血液中に存在する5αリダクターゼという酵素にあります。

この酵素には男性ホルモンの95%を占める「テストステロン」という物質を、凶悪な悪玉ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換させる力があります。

ちなみに「テストステロン」は性欲を強めたり活発性を高めるなど、男らしさを増強する素晴らしい効果があり、男性にとってなくてはならないものです。

薄毛・ハゲが簡単にモテるための近道はこれ!モテホルモンのテストステロンを増やす方法

2019.08.07

しかし、悪玉ホルモンへと変わってしまった「ジヒドロテストステロン(DHT)」の濃度が高いと、毛母細胞の分裂が阻害され髪の毛が抜けてしまうのです。

つまり、この「ジヒドロテストステロン(DHT)」こそが、諸悪の根源であり薄毛を呼び起こす黒幕だったのです。

例えるなら、スターウォーズでジェダイの騎士だったアナキンスカイウォーカーが闇堕ちしてダースベイダーになってしまうように、

身体に男らしさという素晴らしい恩恵を授けてくれるはずのヒーロー(テストステロン)が、一転してハゲを誘発する最強のボスキャラ(ジヒドロテストステロン)になってしまうのです。

そして、アナキンスカイウォーカーをダークサイドに誘惑する暗黒卿が5αリダクターゼということになります。

テストステロン(アナキンスカイウォーカー)

アナキンスカイウォーカー

     矢印 

ジヒドロテストステロン(ダースベイダー)

ダースベイダー

 

こんな感じです。ジヒドロテストステロン(DHT)、イメージ通りめちゃくちゃ恐ろしいですね。

「テストステロン」も「5αリダクターゼ」も個々では悪さをしません。しかし、両者が結びついてしまうとハゲの原因になってしまうのです。

そして、AGA(男性型脱毛症)の原因のほとんどが、このジヒドロテストステロン(DHT)によって引き起こされていることが分かっています。

補足

ジヒドロテストステロン(DHT)が発生しやすいかどうかは主に遺伝で決まります。
ですので、ハゲは遺伝するというのはあながち間違いではありません。

「薄毛は遺伝だから治らない」はウソ!諦めずに取り組むべき育毛対策とは

2019.08.07

 

 

「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を抑える対策

すると、当然ハゲないためには「ジヒドロテストステロン(DHT)を減らせばいいじゃん。」と思いますよね。現時点でその対策法は大きく3つあります。

フィナステリド(プロペシア)を飲む

プロペシア

ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制する効果が公に認められているのが医薬品の「フィナステリド(プロペシア)」になります。

フィナステリドは「5αリダクターゼ」の活性を阻害することで「テストステロン」と「5αリダクターゼ」が結合しようとするのをブロックします。

すると結果的に「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を食い止めることが出来るのです。

例えると、アナキンスカイウォーカーを暗黒卿に近づかせないようなものです。

ノコギリヤシエキスを摂取する

ノコギリヤシ

また、医薬品ではなく公的に認められているわけではありませんが、ノコギリヤシエキスにも同様のジヒドロテストステロン(DHT)を減少させる効果があるといわれています。

以下のデータはテストステロンを含む細胞に医薬品のフィナステリドとノコギリヤシを添加し、培養後、細胞中のジヒドロテストステロン(DHT)濃度を測定したグラフです。

その結果、フィナステリド、ノコギリヤシの両方に5αリタクターゼの活性を阻害する働きがあり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることが確認されています。

DHTの抑制

出典:Habib FK.,Int JCancer, 114(2), 190-194,2005

ノコギリヤシに関するまとめ記事はこちら▼

ノコギリヤシは薄毛にマジで効果があるのか? 若ハゲが実際に使ってみて分かった真実を語る【体験談】

2019.08.07

イソフラボンを摂取する

イソフラボン 育毛

こちらも医薬品ではありませんが、イソフラボンにも同様のジヒドロテストステロン(DHT)を減少させる効果があるといわれています。

イソフラボンは女性の美容目的で使われているイメージですが、男性が摂取するとジヒドロテストステロン(DHT)が減少したという検証結果があります。

イソフラボンに関するまとめ記事はこちら▼

イソフラボンに育毛効果があるって本当!?豆乳や納豆が髪の毛に及ぼす影響を調査

2019.08.07

 

男性ホルモンを操作して副作用はないの?

結論からいうと、医薬品のフィナステリド(プロペシア)には比較的恐ろしい副作用がありますが、ノコギリヤシエキスとイソフラボンには副作用はありません。

フィナステリド(プロペシア)を飲んでいる人のうち、副作用の「性欲低下(リビドー減少)」が1.1%に、「勃起機能不全」が0.7%に認められています。

可能性は低いですが、男の象徴である性機能に問題が生じる危険性を踏まえたうえで服用しなければいけません。

さらに、他にも副作用はあります。

フィナステリド(プロペシア)の副作用TOP20
1.勃起不全

2.性的機能不全

3.うつ病

4.不安

5.認知障害

6.性欲減少

7.疲労

8.薬が効いていない

9.めまい

10.無気力症候群

11.性欲喪失

12.呼吸困難

13.不眠症

14.射精障害

15.下痢

16.頭痛

17.吐き気

18.疼痛

19.射精失敗

20.背中の痛み 

ソースは海外のプロペシアレビューサイトです。⇒プロペシア 副作用ランキング

こうみると、結構ヘビーな副作用が多いですね。プロペシアはこういったリスクを覚悟したうえでそれでも髪の毛を生やしたい人が使うべきです。

一方、ノコギリヤシエキスとイソフラボンに関しては現時点でその成分と関連性が明確な副作用は確認されていませんので安心して使うことができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です