20代の薄毛は治る!若ハゲが今すぐやるべき対策とAGAクリニックに行かない方がいい理由

20代の若さでハゲてしまい「人生終わった…。」と思ってる方、その気持ちは良くわかります。

本サイトの運営者ハゲアニキ(@achi974)も、21歳からハゲ始めて30歳でブラック企業に転職したことがきっかけで本格的にハゲ散らかしてしまいました。

20代でハゲるのと50代~60代でハゲるのでは訳が違います。20代でハゲている人は珍しいですが、おじさんになってからハゲても別に普通のことだからです。

もちろん年齢関係なくハゲない方がいいのですが、おじさんは人生も終盤にさしかかり社会的地位や家庭も築いていることが多いので、「年齢的に仕方ないか」という諦めもつきます。

その反面、20代でハゲてしまうと、ほぼ間違いなく「かわいそう」という目で見られ、仕事面や恋愛面で大きなビハインドになります。

若ハゲのせいで仕事や恋愛がうまくいかず、どんどん自分に自信がなくなり、前向きな行動ができなくなった結果、人生も思うようにいかず底辺に落ちて絶望…。という負のスパイラルに陥ってしまう可能性も高いです。

本記事では、20代で若ハゲのあなたが人生で絶望しないように、20代だからこそするべき若ハゲ対策と、反対にやらない方がいいことをまとめました。

 

20代で薄毛になる可能性はどれくらい?

20代の男性のうち25.8%が薄毛に悩んでいる

リーブ21の調べによると、20代男性のうち25.8%が薄毛に悩んでいるというデータが出ています。つまり、4人に1人は薄毛を気にしているという事です。

サッカーチームで例えるとレギュラー選手と監督含めた12人のうち3人はハゲに悩んでいることになりますね。(そういえば元日本代表の岡崎選手もハゲをイジられていましたw)

参考:2013年「頭髪悩み度」調査発表

これを見ると、「えっ、そんな多いの?」と思われるかもしれませんが、あくまでアンケートをとった個人の主観的な意見なので薄毛の基準があいまいです。周りから見たらたいしてハゲてない人でも、本人は実は薄毛を気にしていたというパターンもあります。

しかし、そうはいっても「意外と20代で薄毛に悩む人が多い」という事実に驚かされるのではないでしょうか。

大丈夫です。悩んでいるのはあなただけじゃありません!

 

薄毛の原因とは

では、薄毛の原因はいったい何なのでしょうか。原因を知らないと対策の立てようがないのでまずは原因を知ることから始めましょう。

AGA(男性型脱毛症)

男性の薄毛の原因のほとんどはAGA(男性型脱毛症)によるものです。脱毛症というくらいですので、もはや病気の一種なんですね。

そして、このAGAが発症してしまう原因は、

悪性の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)

にあります。ジヒドロテストステロン(DHT)が発生しやすいかどうかは遺伝によって決まるので、ハゲやすい遺伝子をもって生まれてしまった方は残念ながらAGAに悩まされる可能性が高くなります。

男性ホルモンと薄毛の関係を徹底解説! 男性ホルモンが多いとハゲるは本当か?

2018.09.28

血行不良

血行不良も薄毛の原因になります。頭部の毛細血管が血行不良を引き起こすと、髪の毛を育てるために必要な栄養素が毛母細胞まで運ばれづらくなるからです。

血行不良になるのは様々な原因があります。

・体質

・生活習慣や食習慣

・過度なストレス

・睡眠不足

・タバコ

などです。現代社会は普通に生きていると血行不良になる罠が張り巡らされているので気を付けましょう。

【体験談】薄毛は血行を良くすると改善するのか?若ハゲに悩んだ筆者がミノキシジルの効果と副作用を語る

2018.10.01

頭皮環境の悪化

頭皮環境の悪化も薄毛の原因になりえます。

皮脂が毛穴に詰まるとそこから髪の毛が出てこれなくなってしまいますし、反対に乾燥しすぎていてもフケや炎症といった頭皮トラブルを起こして抜け毛の原因になります。

 

薄毛の原因を知るには遺伝子検査が便利

「薄毛の原因は理解できたけど、自分がどれに当てはまっているのか分からないんだけど…。」

そんな人も多いかと思います。でも、実はあなたの薄毛の原因を知る方法があります。

それが遺伝子検査です。

遺伝子検査というとハードルが高いと思われるかもしれませんが、AGAクリニックに行けば誰でも20,000円~30,000円で受けることができます。

しかし、「検査にそんなお金かけるのも微妙だし、AGAクリニックに通うのは恥ずかしい…。」と感じる方におすすめしたいのは遺伝子検査付きの育毛剤ペルソナ(persona)です。

ペルソナを使えば、なんと無料で最新の遺伝子検査を受けることができます。

育毛剤は効果なし!?あきらめる前に遺伝子検査付き育毛剤ペルソナ(persona)を試すべき理由

2019.01.25

「無料」の遺伝子検査付き育毛剤はこちら▼
ペルソナ(persona)

ペルソナ 育毛剤

 

薄毛を治すために若ハゲが今すぐにすべき対策

薄毛を治すためには、これらの原因を一つ一つを潰していくことが肝心です。そうすれば高確率で髪の毛が生えてきて薄毛は治ります。

なぜなら、20代は髪の毛を生やす潜在能力は持っているからです。

おじさんになってヘアサイクルが終わりを迎え、毛根が死んでしまっていたらどんなに対策したところで自分の髪の毛は生えてきませんが、20代であれば毛根や毛母細胞の働きは健在なので、ちゃんと対策すればツルツルになったところからでも髪の毛は生えてきます。

育毛サプリや育毛剤を使う

まずは、AGAの最も大きな原因となっているジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑えるのが最優先です。

これを抑えない限り、どんなに他の対策をして発毛したところで次から次へと抜けてしまうからです。

そして、このジヒドロテストステロン(DHT)を抑えるのにおススメなのが育毛サプリです。私は育毛サプリを飲み続けることで明らかに抜け毛が減り、頭頂部の見た目がガラッと変わりました。

月々5,000円くらいの負担にはなりますが、自分の将来のために髪の毛に投資しましょう。飲み会を1回我慢すれば元がとれます。

育毛サプリのおすすめはこちら▼

おすすめの育毛サプリをガチで徹底比較!失敗しないために選ぶべき最強サプリはどれ?

2018.12.07

生活習慣を見直しストレスをなくす

20代であれば、まだまだ体力があるため無茶をして不規則な生活になりがちです。

しっかりと睡眠をとり、バランスの良い食事をとることを心がけましょう。また、タバコは血行不良につながるしお金もかかるので、しんどいとは思いますが禁煙して浮いたお金で育毛サプリを買いましょう。

さらに、ストレスは育毛にとって大敵です。どうやってストレス解消するかを考えるのではなく、ストレスそのものを取り除けないか考えて実行してみましょう。

生活習慣に関するまとめ記事はこちら▼

薄毛と生活習慣は関係ない!?不摂生な生活をしていてもフサフサな人がいる理由

2019.01.27

シャンプーを見直す

日頃から、頭皮のかゆみやフケといった症状に悩まされているのであればシャンプーが肌に合っていない可能性が高いです。

ドラッグストアで買えるような市販のシャンプーは刺激や洗浄力が強すぎて、地肌が弱い人にとっては害でしかありません。この機会に自分の肌に合うシャンプーに見直してみるべきです。

シャンプーに関するまとめ記事はこちら▼

【体験談】もう騙されない!薄毛に本当に効くおすすめの育毛シャンプーとは

2018.10.05

 

20代でAGAクリニックに行かない方がいい理由

疑問に思った方もいると思いますが、20代がすべき対策として私はAGAクリニックに通っての薄毛治療をおススメしていません。

確かに、AGAクリニックに通って医薬品である「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった薬を処方してもらえば高い確率で薄毛が治るのは事実です。

しかし、AGAクリニックでの薄毛治療には当然デメリットもあります。

AGAクリニックの費用は高い

AGAクリニックに通うと、毎月15,000円~30,000円くらいお金がかかります。治療が進んで処方される薬の量が減ってくれば少し安くなりますが、通い始めて半年くらいまでは毎月30,000円の出費は覚悟しておくべきです。

お金に余裕がある人であればいいですが、20代の普通の会社員に月30,000円はかなり大金だと思います。それこそ必死で働いて手取り20万円の給料の中から食費や交遊費などを削って、ギリギリやっと出せる金額なんて人も多いのではないでしょうか。

結婚して家庭をもっている人であれば尚更です。毎日1,000円のお小遣いで細々生活している人などは、奥さんを説得して理解を得るのは難しいでしょう。

AGAクリニックの薬には副作用がある

AGAクリニックで処方される医薬品「ミノキシジル」と「フィナステリド」は効果が強い反面、副作用が出る事があります。

しかも、その副作用がかなりヘビーで、

・性欲減退、ED

・心臓の動悸、過呼吸

・うつ症状

などの症状がでる可能性があります。

20代であれば、まだまだ遊びたいですしモテたいですよね。そんな時にEDになってしまって女性を喜ばせられなかったら、一体なんのために若ハゲを治療したのかわかりません。

また、結婚しているのであれば薬のせいで子供がつくれないなんてことにもなりかねません。

さらに、心臓の動悸やうつ症状なんかは普段の生活のQOL(生活の質)を著しく下げますし、そんなリスクを避けるためにも服用には慎重になるべきです。

20代でAGAクリニックに通うのは恥ずかしい

AGAクリニックに行くと薄毛で困っている人が大勢います。しかし、大半は30~50代が多く、20代で通っている人は珍しいです。

そんな環境に飛び込むと、人の目がどうしても気になるという方もいるのではないでしょうか。他人なので本来そこまで気にする必要はないのですが、知り合いに万が一でも見られたら恥ずかしいという気持ちは良くわかります。

やっぱり、自分のコンプレックスは他人にあまり見せたくないですよね。

【要注意】AGAクリニックで行う治療の見過ごせないデメリットとは!?

2019.01.09

 

AGAクリニックに行かなくても薄毛は治せる

AGAクリニックのデメリットをあげてきましたが、通うのをおススメしない最大の理由は「AGAクリニックに通わなくても薄毛は治せる」からです。

しかも、毎月の費用は安く、副作用もなく育毛することができます。

どうするかというと、育毛サプリや育毛剤を使って自力で薄毛を治すのですが、私はこの方法で実際に髪の毛を生やすことに成功しました。

もちろん、育毛サプリや育毛剤はピンキリで偽物も多いのですが、ちゃんとしたものを使えば高い育毛効果が見込めます。特に20代のあなたなら髪の毛が生えるポテンシャルがあるので尚更です。

私の使っている育毛サプリや育毛剤は以下の記事で紹介していますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

【体験談】32歳の若ハゲが薄毛を改善し、副作用なしで髪の毛を取り戻すまでの全過程を公開します

2018.11.26

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です