ノコギリヤシの摂取量はサプリの形状によって違う!?ソフトカプセルタイプで摂取すべき理由とは

BOSTONボストンサプリ 飲み方

どうも。30代にして若ハゲが仕上がってしまった本サイト運営者のハゲアニキ(@achi974)です。

薄毛を気にする人たち向けの商品やサービスはいろんなものがあり、その中のひとつに「ノコギリヤシエキス」が配合された育毛サプリがあります。

ノコギリヤシには抜け毛の原因となる脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を抑える効果があります。私も育毛サプリを飲み続けた結果、リアルに抜け毛が減って髪の毛が増えてきました。

ノコギリヤシに関するまとめ記事はこちら▼

ノコギリヤシは薄毛にマジで効果があるのか? 若ハゲが実際に使ってみて分かった真実を語る【体験談】

2018.09.26

しかし、実はノコギリヤシエキスをどういう状態で摂取するかによって有効成分の摂取量が変わってくるのをご存知でしょうか?

本記事では、ノコギリヤシエキスの最も効果的な摂取方法と飲み方を紹介します。

 

 

ノコギリヤシエキスには「オイル状」と「粉末状」がある

ノコギリヤシエキスをどういう状態で摂取するかですが、オイル状と粉末状の2種類のパターンがあります。

ノコギリヤシ オイル 粉末

写真のように、オイル状のノコギリヤシエキスはソフトカプセルに、粉末状のノコギリヤシエキスは錠剤またはハードカプセルに配合されます。

では、以下でそれぞれの違いをみていきます。

オイル状

ノコギリヤシエキスはノコギリヤシというヤシ科の植物から採取されるのですが、そもそも原料のエキスはオイル状のドロドロした状態で抽出されます。

抽出したノコギリヤシエキスを、形を変えずにそのままソフトカプセルに閉じ込めたのがオイル状のノコギリヤシサプリです。

オイル状のままソフトカプセルに閉じ込めるのは「超臨界抽出法」という特殊な製法が必要で、素材を100%に近い純度の高い状態で閉じ込めることができ、有効成分の変質や劣化が起こりにくいのが特徴です。

粉末状

原料から抽出されたオイル状のノコギリヤシエキスを、いったん粉末状にして再度錠剤やハードカプセルの形に固めなおしたのが、粉末状のノコギリヤシサプリです。

ノコギリヤシエキスをいったん粉末にすることで、他の有効成分と混ぜやすいというメリットがあります。

しかし、粉末状にして再度固める過程で純度が下がり、有効成分が失われやすいというデメリットもあります。

どれくらい有効成分が失われるのか

一般的にオイル状のノコギリヤシエキスの有効成分を100%だとすると、粉末状のノコギリヤシエキスは45%程度まで落ちるといわれています。

参照⇒https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3798925/

 

ノコギリヤシエキスの摂取量の目安

ノコギリヤシエキス摂取量の基準となった臨床試験

ノコギリヤシエキスの摂取量の目安は約320mg/日です。

理由としては、2012年にイタリアで発表された研究結果で、ノコギリヤシエキスを摂取して薄毛に効果のあった基準が320mgだったからです。

※参照記事⇒https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508

要約

AGA(男性型脱毛症)を発症している100名の男性被験者を50名ずつに分け、それぞれの群が24ヶ月間ノコギリヤシ320mgとフィナステリド1mgを使用し、AGAへの効果を検証しています。効果の有無は写真判定で計測。

ノコギリヤシとフィナステリドを2年間使用した結果、ノコギリヤシを使用した群の38%に改善が見られ、フィナステリド群では68%に改善が確認されています。

そして重要なのが、この臨床試験で使用されたノコギリヤシエキスは「オイル状」のものだったということです。

本当に必要な摂取量とは

つまり、ノコギリヤシエキスで薄毛改善の効果が出るのは「オイル状」でかつ「320mg」有効成分が配合されていることが条件です。

どちらかの条件を満たしていない場合、もしくは両方満たしていない場合でも効果は出るかもしれませんが、やはり期待値としては低くなります。

そして、粉末状のサプリで必要なノコギリヤシエキス摂取量を逆算してオイル状のサプリと比べてみると、

本当に必要なノコギリヤシエキス摂取量

「オイル状」のサプリで必要なノコギリヤシエキス摂取量⇒320mg

「粉末状」のサプリで必要なノコギリヤシエキス摂取量⇒700~800mg

になります。

実は、この基準を満たしている育毛サプリはBOSTONボストンサプリやわたノコギリヤシしかありません。

公式サイトはこちら▼
BOSTONボストンサプリ

BOSTONボストンサプリ

公式サイトはこちら▼
やわたノコギリヤシ

やわたノコギリヤシ

これらは、2つともオイル状のノコギリヤシエキスを採用しているのですが、他のノコギリヤシサプリは全て粉末状の錠剤タイプになります。

詳しくは、代表的な育毛サプリの「成分」や「価格」を徹底比較した記事がありますので、そちらをご覧ください。

育毛サプリの比較記事はこちら▼

おすすめの育毛サプリをガチで徹底比較!失敗しないために選ぶべき最強サプリはどれ?

2018.12.07

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブラック企業を辞められなかった結果、ストレスと過労で30代前半にして若ハゲが止まらなくなるように。 失われた青春と髪の毛を取り戻すべく奮闘中。 「若ハゲはどう生きるか?」というテーマで有益な情報を発信していきます。