キャピキシル育毛剤に副作用ってあるの!?実際に使ってみた感想を語る

副作用

近年、革命的な育毛剤といわれている「キャピキシル」配合の育毛剤。

医薬品であるミノキシジルの3倍の育毛効果があるにもかかわらず、副作用が全くないといいます。

ミノキシジルの3倍の育毛効果と聞くと、かなりの強い副作用を想像してしまいがちですが、開発元の製薬会社は「安全である」と明言しています。

参考:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

そんな都合の良い話があるのかと思ったので、私が実際に使ってみた感想もふまえてその真相を究明していきます。

【体験談】薄毛は血行を良くすると改善するのか?若ハゲに悩んだ筆者がミノキシジルの効果と副作用を語る

2019.08.07

 

 

キャピキシルに副作用がない理由1.キャピキシルの成分

キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチル・テトラペプチド3」の2つの成分で構成されています。

「アカツメクサ花エキス」は、アカツメクサという花から抽出した天然成分です。
アカツメクサ花エキスの有効成分である「ビオカニンA」はイソフラボンの一種です。
イソフラボンは過剰に取りすぎると問題になりますが、育毛剤に含まれる程度の量では過剰摂取になることはありません。

「アセチルテトラペプチド-3」は、アミノ酸です。
アミノ酸は人間に必須の成分で、摂取することでタンパク質を生成したり、身体に必要な栄養素を作ったりします。

これらはどちらも人間の身体にプラスの影響をもたらす成分なので、身体にとって害はなく、つまりキャピキシルは安全と言えます。

キャピキシルとは?ミノキシジルの3倍も発毛するといわれる噂の真相に迫る

2019.08.07

 

キャピキシルに副作用がない理由2.医薬品ではなく化粧品

育毛剤は大きく分けて3種類に分類することが出来ます。

・医薬品

・医薬部外品

・化粧品

これらの分類は薬事法により決まっているのですが、一般的に、

人に対する有効性の高さは、「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」

安全性の高さは、「化粧品」>「医薬部外品」>「医薬品」

といわれています。

この点、ミノキシジルは「医薬品」であるのに対し、一般的な育毛剤は「医薬部外品」、キャピキシル育毛剤は「化粧品」という分類になっています。つまり、キャピキシルが一番安全性が高いということです。

しかし、その分効果は低いともいえますが、一概にそうとも言い切れない面もあります。

それはキャピキシルが比較的新しく発見された有効成分であるため、まだ「医薬部外品」の成分として日本では認められていないからです。

本来、育毛剤を発売しようと思ったら「医薬部外品」として発売すれば信頼性が高まって売れ行きも良くなるので、メーカーはこぞって「医薬部外品」として商品を売り出そうとします。

しかし、どれだけ効果の優れている最新の有効成分であろうと、まずは国に認めてもらわない限りは、「医薬部外品」として発売することが出来ません。

しかし、認められるまでには時間がかかる。

このため、「医薬部外品」として発売するのを断念し、比較的自由に設計できる「化粧品」扱いで発売しようとするメーカーも出てくる訳です。

こういった背景もあって、本来であれば効果の高い順として一般的に、

「医薬品」 > 「医薬部外品」 > 「化粧品」

といわれていますが、「化粧品」と「医薬部外品」に関しては必ずしもこの図式があてはまるとは限りません。

 

キャピキシルに副作用がない理由3.副作用の報告がない

キャピキシルを開発した製薬会社の臨床試験において、副作用が確認されていません。

さらに、口コミなどを見ても重大な副作用が出たといった報告は見られません。

こういった点からも、ミノキシジルのような副作用は起きず、安心して使える言っても良いと思います。

 

実際使用してみた感想

私は現在、「BOSTONボストンスカルプエッセンス」というキャピキシル育毛剤を使っています。

副作用のないキャピキシル育毛剤はこちら▼
BOSTONボストンスカルプエッセンス ※初回のみ49%オフで購入可能です

BOSTONボストンスカルプエッセンス

 

使用し始めてまだ1カ月くらいですが、副作用らしい症状は一切感じませんでした。頭皮のかゆみや炎症といった頭皮トラブルも起きていません。

私は以前、ミノキシジルの外用タイプである「リアップ」を使っていましたが、その時は頭皮のかゆみや炎症という副作用に悩まされました。

一日中頭皮のかゆみが気になってストレスでしたし、フケもパラパラ落ちてきたので仕事に集中できず、すぐに使用をやめてしまいました。

かゆみや炎症といった症状は、リアップだけではなく多くの育毛剤で起きる可能性があるので少し心配していましたが、今回はあらわれませんでした。

私の場合、「リアップ」は肌に合いませんでしたが、「BOSTONボストンスカルプエッセンス」は肌に合っているようです。

 

まとめ

キャピキシル育毛剤の副作用について、心配するような要素がないことはおわかりいただけたかと思います。

そこで気になるのが、やはり育毛の効果ですよね。どれだけ副作用がなくて安全でも効果がなければ意味がありません。

キャピキシル育毛剤の効果が気になる方は、私が頭皮の写真を公開してその効果を実験している若ハゲ改善記をぜひごらんください。

若ハゲ改善記はこちら▼

【体験談】32歳の若ハゲが薄毛を改善し、BOSTONで髪の毛を取り戻すまでの全過程を公開します

2019.08.07

キャピキシルに関するまとめ記事はこちら▼

キャピキシルって薄毛にマジで効果あるの?若ハゲが実際に使ってみて分かった真実を語る【体験談】

2019.08.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です