イソフラボンに育毛効果があるって本当!?豆乳や納豆が髪の毛に及ぼす影響を調査

イソフラボン 育毛

「豆乳や納豆が薄毛にいいらしい…。」という噂を聞いたことはないでしょうか。

私はこれをはじめて聞いたとき、

「ほんとかよ!?納豆好きで結構食べてるのに、ハゲてるんですけど…。」

と思ったものです。

豆乳や納豆が薄毛に効くといわれる理由は大豆の中に含まれる成分「イソフラボン」にあります。

イソフラボンが薄毛に効くといわれる理由を科学的根拠から詳しく解説していきます。

育毛サプリの成分に関するまとめ記事はこちら▼

育毛サプリの成分を若ハゲが解説!本当に重視すべき成分はどれ?

2019.02.02

 

イソフラボンと薄毛の関係

イソフラボンが薄毛に効くといわれる理由は、イソフラボンにAGA(男性型脱毛症)の原因となる悪性の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を抑える効果があるからです。

男性の薄毛の原因のほとんどは、実はこのジヒドロテストステロン(DHT)にあります。ですので、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する効果のある成分はAGA対策をするうえで一番に摂取すべきです。

ちなみに、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する医薬品が有名な「プロペシア(フィナステリド)」になります。

男性ホルモンと薄毛の関係を徹底解説! 男性ホルモンが多いとハゲるは本当か?

2018.09.28

イソフラボンとジヒドロテストステロン(DHT)の関係については、ちゃんとした科学的な根拠もあって、2009年に以下の論文で発表されています。

参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2834330/

検証方法

・30才から59才までの合計28人の日本人健康志願者が対象

・3ヶ月間大豆イソフラボン60mg/日を投与

・検証開始時点、1カ月後、3カ月後にそれぞれ血液サンプルを採取して、血液中のジヒドロテストステロン(DHT)の濃度を観察する

結果

検証開始時点と3カ月後を比較したときに、約18%ジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が減少した

という素晴らしい結果が出ています。

この論文結果をみるに、イソフラボンがジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑えるというのはどうやら本当のようです。

 

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取で成長因子IGF-1が増加する?

名古屋市立大学大学院医学研究科 岡崎研二教授らの研究で、カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取すると育毛に有効な成長因子IGF-1が増加するという発表がありました。

当時、本やテレビ番組にも取り上げられたことから、カプサイシンとイソフラボンの略称で「カプイソ」とも呼ばれ、その育毛効果は一躍有名になりました。

研究論文が出ているので、カプイソの効果には信憑性がありそうなものですが、実はこの話には続きがあります。

カプサイシンとイソフラボンの育毛効果はねつ造だった

実は、この研究論文にはねつ造や流用があったことが後に明らかになりました。どこまでが嘘なのか、ある程度育毛効果があるのかは明確になっていません。

いずれにせよ、この件は科学的根拠と呼ぶに値しない研究だったということです。

結果として、この研究に携わった岡崎教授ら数名は懲戒解雇や停職処分といった厳しい処罰を受けています。

カプサイシンに育毛効果はあるの?唐辛子が髪の毛に及ぼす影響を調査

2019.02.01

 

イソフラボンのデメリット 男らしさが失われる?

ただ、上記の検証のなかで気になる点もありました。

それは、ジヒドロテストステロン(DHT)だけでなく遊離テストステロンも減少したと報告されていることです。

遊離テストステロンとは20 代を境に年齢と共に減少するテストステロンの一種です。

テストステロンは男性の性欲に直接関係する男性ホルモンです。10代~20代が性に対してめちゃくちゃアグレッシブなのもこのテストステロンが原因です。

テストステロンは別名モテホルモンと言われており、男性の色気や闘争本能に密接に関係しているので、これを増やせば増やすほど女性を引き付ける男らしさを身につけることができます。

そんな大事なテストステロンがイソフラボンを摂取することで減少したという結果が出ているのです。

しかし、減少幅はわずかに5%程度であり、検証では重大な副作用も出ていないので心配しすぎることはないと思います。

イソフラボンには国の方針で決められた適切な摂取量があるので、それを守れば特に問題ありません。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする

このような遊離テストステロンの減少がなぜ起きるかといえば、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ており、エストロゲンと似た働きをするからです。

補足
正確にいうとイソフラボンを摂取すると腸内で「エクオール」という物質に変換され、これがエストロゲンと非常に似た分子構造をもっています。

エストロゲンは、女性の美容と密接に関わっているホルモンで、髪の毛を健康で美しく保つ効果があるのですが、体内で女性ホルモンが増えた結果、男性ホルモンであるテストステロンは相対的に減少してしまいます。

逆に性欲が強すぎて困っている方や、女性らしさを身につけたい方は積極的にイソフラボンを摂取するといいかもしれません。

 

イソフラボンはどれだけ摂取すればいいの?

イソフラボンの摂取目安量と上限

内閣府の食品安全委員会のホームページによると、イソフラボンの一日の摂取目安量は、およそ40~45㎎。安全な一日の摂取目安量の上限は70~75㎎。サプリとして摂取して安全な上乗せ摂取量は30㎎と結論づけられています。

イソフラボン 摂取量

参照;http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html

イソフラボンは多量に摂取すれば良いというわけではなく、1日の摂取目安量を守ることが大切です。

この基準を超えたからといって、ただちに大きな問題が起きるわけではないですが、過剰摂取には念のため注意しましょう。

食品に含まれるイソフラボンの含有量

食材 イソフラボン含有量
豆腐1パック(300g) 60.9㎎
納豆1パック(40g) 29.4㎎
豆乳1本(200g) 49.6㎎
おから1人前(50g) 5.25㎎
味噌汁1人前(250cc) 9.94㎎
煮豆1人前(50g) 36.05㎎

 

イソフラボンは大豆食品から摂取することができます。

こうみると、意外と1日の摂取目安量にすぐ届くと思うのではないでしょうか。ただ、実際にやってみると結構難しいですよ。

豆腐1パックを1日で食べることはまずないですし、納豆もせいぜい1日1回ではないでしょうか。

一番のおすすめは豆乳ですね。1本飲めば一日の摂取目安量にすぐ届きます。

育毛サプリでイソフラボンを摂取する

やはり、毎日の食事でイソフラボンをしっかりとるように気を付けるのは面倒くさいですし、外食したり忙しい時などは忘れてしまうこともあるでしょう。

特に男性は自炊したり、食生活のバランスに気を付けるのが苦手な人が多いように思います。

育毛は毎日の積み重ねが重要です。毎日毎日継続していくことで数カ月後、半年後に成果がでるのです。ラクして生えるみたいな裏技はありません。

そういった意味で、育毛サプリでイソフラボンを摂取することも考えてはいかかでしょうか。

育毛サプリなので、イソフラボンだけではなく数多くの髪の毛の成長に良い成分が配合されています。

イソフラボンは育毛に有効な成分ですが、正直イソフラボンだけでハゲている人がフサフサになれるほどこの世界は甘くはありませんし、そんな人は見たことがありません。

おすすめの育毛サプリについてはこちら▼

おすすめの育毛サプリをガチで徹底比較!失敗しないために選ぶべき最強サプリはどれ?

2018.12.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です