ミレットエキスに育毛効果ってあるの?古くから育毛成分として使用されてきた理由とは

ミレットエキス

育毛に関心のある人であれば、ミレットエキスという成分を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ミレットエキスとは、キビなどの雑穀から抽出されたエキスのことです。

ミレットとは英語で主にキビを意味しますが、アワやヒエなどを含む雑穀の総称として使われることもあります。

雑穀といえば古くからあるなじみ深い食物ですが、本当に育毛効果があるのでしょうか。

本記事ではミレットエキスが薄毛に効くといわれる理由を科学的根拠から詳しく解説していきます。

育毛サプリの成分に関するまとめ記事はこちら▼

育毛サプリの成分を若ハゲが解説!本当に重視すべき成分はどれ?

2019.08.07

 

ミレットエキスと薄毛の関係

ミレットエキスには直接的に抜け毛を防いだり発毛を促進したりする効果はありませんが、髪の毛の成長に良いとされる成分が3種類含まれています。それぞれ以下で紹介していきます。

ケラチンのもとになるアミノ酸「シスチン」

実は髪の毛の99%以上はケラチンというタンパク質で出来ています。このケラチンを構成する一番主要なアミノ酸が「シスチン」になります。

このシスチンは、ケラチンの約15%を占めています。

シスチンをはじめとするアミノ酸は血液を通して頭皮に運ばれ、亜鉛やビタミンの力によってケラチンに変換されることが分かっています。

つまり、シスチンが不足すると、どれだけ亜鉛やビタミンをとっても健康な髪が作られにくくなるのです。

ケラチンのもとになるアミノ酸「メチオニン」

ケラチンをつくる上で注目したいもう一つのアミノ酸が、「メチオニン」です。

私たちの身体は主に20種類のアミノ酸からできていますが、その一部は体内でつくることができず、食べ物やサプリなどから摂らなければいけません。

これらのアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれる成分で、ミレットエキスは必須アミノ酸の一種であるメチオニンを含んでいます。

メチオニンは身体の外から摂取しなければならないので、意識して取ることが難しいですが髪の毛の健康には重要な要素になります。

コラーゲンの結合を促す「ケイ素」

ミレットエキスにはコラーゲンの結合を促すミネラルである「ケイ素」が含まれています。

ケイ素は、髪の毛の原料となるコラーゲンを束ねて結合組織を強くする働きを持っています。ツヤのある健康で太い髪の毛にはコラーゲンが影響しており、コラーゲンをつくるためにはケイ素が必要なのです。

コラーゲンには、髪の毛のツヤやコシを向上させるという研究データがあります。

成人女性を対象に、対照食品、魚鱗コラーゲンペプチド5000mgを含む食品のいずれかを8週間摂取させた。

魚鱗コラーゲンペプチド摂取により、対照食品に比べ、髪のハリやコシに影響する毛髪直径の増加、および自覚症状で髪の「なめらかさ」を改善することを確認した。

引用:コラーゲンペプチド含有食品摂取による毛髪への影響に関する検討 -二重盲検群間比較試験-

ということは、ケイ素が不足すると、必然的にコラーゲンもつくられなくなり、その結果髪の毛のツヤがなくなったり細い毛が目立つ薄毛の原因になリえます。

 

ミレットエキスのデメリットと副作用

ミレットエキスは医薬品ではなく自然由来の成分なので、副作用がおきる心配はありません。

過剰摂取によるデメリット等の報告も特に見当たらないので、安心して摂取することが出来ます。

 

ミレットエキスの摂取目安量はどれくらい?

では、1日にどれくらいミレットエキスを摂取するのがベストなのでしょうか。

摂取量の目安として、イタリアの病院でガン患者の脱毛症をミレットエキスを摂取することでどれだけ改善できるのか検証したデータがあります。

対象と検証方法

・ガンの化学療法とミレットエキスを併用して治療を受けた28人の癌患者と、対照群として化学療法単独の56人の患者が研究対象

・ミレットエキスは1日3回、化学療法の終了まで毎日300mg(1日量)で経口投与された。脱毛の程度は、世界保健機関(WHO)の基準によって評価された。

結果

ミレットエキスを併用投与した患者で観察された脱毛症の割合は、化学療法のみを受けた患者に見られるそれよりも有意に低かった。

ミレットエキスは、すべての患者で実質的に忍容性が良好だった。

参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18299680

これをみると、科学的根拠としてミレットエキスが薄毛に効果があることが示されています。

そして、その摂取目安量は300㎎/日ということが分かります。

 

ミレットエキスが多く含まれている食品

ミレットエキスに含まれるシスチン、メチオニン、ケイ素といった栄養素を普段の食事から摂取するには、肉類、魚類、豆類が最も有効です。

またこれらよりは劣りますが小麦粉や米、そばなどの穀物類にも含まれています。

あとは、あまり普段の食事に出る機会はないかもしれませんが、ミレット=雑穀なので、あわ、ひえ、きび、アマランサス、はと麦、黒米、赤米、大麦などの食材にも多くの栄養素が含まれています。

WHOが推奨している一日のシスチンの摂取量は、体重1㎏にたいして15㎎です。

この量は肉類、魚介類、豆類を意識して摂取するようにしていれば、通常の食事量でも十分摂取することができます。

困ったらこのあたりの食材を意識して食事をとるようにするといいでしょう。

育毛サプリでミレットエキスを摂取する

ただ、毎日の食事でミレットエキスをしっかりとるように意識するのは面倒くさいですし、外食したり忙しい時などは忘れてしまうこともあるでしょう。

特に男性は自炊したり、食生活のバランスに気を付けるのが苦手な人が多いように思います。

育毛は毎日の積み重ねが重要です。毎日毎日継続していくことで数カ月後、半年後に成果がでてきます。ラクして生えるみたいな裏技はありません。

そういった意味で、育毛サプリで亜鉛を摂取することも考えてはいかかでしょうか。

育毛サプリなので、ミレットエキスだけではなく数多くの髪の毛の成長に良い成分が配合されています。さらに1日に決められた量を飲むだけなのでお手軽にミレットエキスを摂取することができます。

おすすめの育毛サプリについてはこちら▼

おすすめの育毛サプリをガチで徹底比較!失敗しないために選ぶべき最強サプリはどれ?

2019.08.07

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です