非モテハゲでも女性から嫌われない「デートの誘い方」その必勝法を紹介します

デート 誘い方

女性とLINEを交換したら、次のステップはデートに誘うことですよね。

LINEを交換できたということは、少なくとも相手はあなたに対してマイナスの感情は抱いていないはずです。

ここで、スムーズにデートに誘うLINEを送ることができれば、女性からの印象もさらにアップすることは間違いありません。

反対にデートに誘う段階でグダると、女性からダメな男の烙印を押されてしまうので気を付けてください。

今回は、LINEでデートに誘うときに注意すべきポイントを以下で解説していきます。

ハゲアニキ
大胆かつ戦略的に攻めるべし!

 

デートに誘うときにやってしまいがちなミス

絵文字やスタンプを多用する

絵文字やスタンプは仲良くなってからであれば使っても問題ありませんが、初めてデートに誘う段階では多用しない方がいいです。

LINEを送るときは3行以内の短文で絵文字なし。これが基本です。

ハゲアニキ
ぶっきらぼうで冷たい感じに思われるのでは?

という心配は不要です。

男が絵文字やスタンプを使うのを好ましく思わない女性も一定数存在しますし、メッセージが長文であればあるほどミスをして地雷を踏む可能性が高くなります。

女性の趣味嗜好がわかっていない以上、デートに誘うまではいかに加点するかよりも、いかに失点を避けるかの方が重要です。

 

だらだらとLINEで会話を続ける

デートに誘うときは、当然男性側から誘わないといけないわけですが、ここで最もやってしまいがちなミスが、誘うまでにだらだらと無駄にLINEで会話を続けてしまうことです。

デートは仲良くなってからといった謎の理由でLINEでのやりとりを続けたり、自分が断られて傷つきたくない一心から、まわりくどすぎる誘い方をしたりするケースです。

例えば、

ハゲアニキ
この前はありがとう。最近は忙しいの?
女性A
うーん。結構忙しい。(なんでそんな事聞いてくるんだろう…。)
ハゲアニキ
そっかー。仕事頑張ってるって言ってたもんね。○○ちゃんは好きな料理とかある?
女性A
うーん。なんでも食べるよ。(とっとと誘ってこいや…。)
ハゲアニキ
へー。ところでこの前食べたパスタの店がうまかったんだけど、イタリアンとかは好き?
女性A
普通かなー。(なんでも食べるって言ったやん…。)
ハゲアニキ
そっかー。和食の方がいいかな?
女性A
そうだねー。(こいつないわ…。)

なかなか核心に迫らず、デートの誘いを断られたときのダメージを避けようとする弱い心は、いとも簡単に女性に見透かされます。

「決めてあげる」という行為は一種の優しさであり、女性に決断させるという負担をかけさせずに、責任を自ら引き受ける男らしさの表れです。

「相手の好みを聞いたりご機嫌をうかがう」というのは一見優しいようですが、自らが責任を負いたくない逃げの姿勢が見え隠れするので女性は冷めてしまうのです。

 

ハゲアニキ
○日か△日仕事早く終わるからご飯いこうよ
などのとにかくシンプルなメッセージでさっさと食事に誘いましょう。

特に、見た目がキレイな女性は当然他の男からもたくさん誘われているので、わずらわしいやり取りはそれだけで恋愛対象外にはじかれてしまいます。

2通目のLINEでさっさとデートに誘いましょう。

 

ストーキングメッセージをしてしまう

LINEを送って女性から返信がないと、立て続けにメッセージを送ってしまう人がいます。

ハゲアニキ
おーい。返信ないけど生きてるー?
ハゲアニキ
今何してるの?

などです。既読になっているのに、しばらく返信がないと不安になって送ってしまうのです。

気持ちはわかるのですが、ストーキングメッセージは百害あって一利なしなので絶対にやめましょう。

残念ですが、何日もLINEの返信がないということは女性にとってあなたの優先度は低いと考えた方が無難です。

まれに、LINEに気づかなかったケースや本当に忙しすぎたケースもあるので、最初のメッセージを送ってから3日経っても返信が返ってこなければスッパリと諦めて次に行きましょう。

非モテの方にありがちなパターンは1人の女性にこだわり過ぎてしまうことです。

ターゲットを絞り過ぎると、「どうしても彼女にしたい」とがっついてしまい心理的余裕がなくなります。余裕のない姿勢は女性に器の小ささをアピールするようなものなので逆効果になってしまいます。

 

女性に嫌われないデートの誘い方とは

まとめると、初めて女性をデートに誘うときは、

・メッセージは3行以内の短文で絵文字なし

・2通目のメッセージでさっさと誘う

・ストーキングメッセージ禁止

を意識してください。

もちろん、初対面のLINE交換の段階でポジティブな印象を与えておく必要はありますが、これを意識するだけでデートにたどり着く可能性がアップするはずです。

もしこの方法でダメだった場合は、初対面の段階で女性を魅了できていないケースがほとんどです。

つまり、反省すべきは送ったLINEのメッセージではなく、初対面のときの立ち振る舞いになります。

たまに、LINEのやりとりだけで初対面の時の印象をひっくり返したり、口説いたりしようとする人がいますが、まず無理ですね。

やはり、顔と顔をつきあわせてコミュニケーションした時の印象は簡単にひっくり返らないからです。

LINE交換のコツはこちら▼

非モテハゲが絶対にLINE交換を断られない裏ワザを紹介します

2019.05.14

若ハゲの恋愛についてのまとめ記事はこちら▼

【まとめ】若ハゲが恋愛で成功するためのヒントを教えます

2019.04.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です