あなたの給料が上がらない理由を徹底解説!年収を上げるたった2つの方法

給料

「全然給料が上がらん…。」

そんな悩みを抱えている勤め人は多いと思います。奥さんに財布を握られ月3万のお小遣いでなんとかやりくりしているけど、月末には財布はすっからかん。

もっと収入があれば、飲みにいったり趣味にお金を使えるのに…。

そんな現状を年収を上げる事で解決し、ついでに奥さんの機嫌もよくなる方法を解説します。

 

なぜ給料は上がらないのか そもそもの理由は給料の決まり方にあった

私たちが普段受け取っている給料がどのように決まっているか考えた事はありますか?

新卒の基本給であれば20万円。アルバイトの時給であれば950円など、業界や会社によって多少の違いはありますが、なんとなくそのあたりの金額に落ち着いているのではないでしょうか。

実はこの金額は、

従業員が明日も1年後も「元気に」出社できるギリギリの金額

に設定されています。

例えば都心に住んでいれば、家賃や光熱費、食費だけでどんなに切り詰めたとしても10万円/月は使うことになるでしょう。

しかし、たった10万円で人間は「元気に」働くことはできません。時には旅行に行ったり、趣味にお金を使ったりしてストレスを解消しなければ人間らしい生活ができないからです。

会社としても、従業員に元気がなくなり会社を辞められたりしたら困るので、最低限の生活費にちょっとだけプラスした金額を支給しているのです。

つまり、会社に足元を見られているわけです。※歩合制や成果報酬制を導入している会社は除きます。

なので、そもそも会社にこの基準で給料を決められている限り、あなたの給料が大きく上がって生活が楽になることはありません。

出世して責任あるポジションになったり、激務な会社に勤めたりすれば多少は給料が上がるかもしれませんが、その分ストレスや残業も増え「元気」に出社できるギリギリのラインが上がるため、決して楽にはならないのです。

 

会社はあなたの「価値」ではなく「労働力」に対して給料を支払っているという事実

従業員が明日も1年後も「元気に」出社できるギリギリの金額

という基準で従業員の給料を決めている会社は、あなたの「労働力」に対して給料を払っています。

これはどういうことかというと、例えあなた自身がどんなに優れたスキルをもっていたり、どんなに会社に利益をもたらしたとしても、会社としてはあくまで「わが社で労働してくれる事」に対して給料を支払っているんだよという理論です。

一方で、あなたが会社にもたらす「価値」に対して給料を払ってもらうことが出来れば、大きく給料を上げることができる可能性があります。

例えば、あなたがもし保険営業マンで普通の人の2倍も3倍も契約を取ってくることが出来るのであれば、会社は普通の営業マンを2人雇う以上に儲かるわけで、あなたの「価値」を認めざるを得なくなります。

もちろん、あなたはそれだけ自分の実力を上げて、会社に利益をもたらすスキルや人脈を身につける必要がありますが…。

このように、当然ですが給料を上げようと思ったら交渉するための材料が必要です。

交渉材料をもったうえで、あなたの「価値」を基準に給料を決定してくれる会社に勤めなければいけません。

あなたの「労働力」ではなく、「価値」を会社に売りましょう。

 

あなたの市場価値を調べる方法

上記の保険営業マンの例は実績が数字にはっきりと現れるので比較的わかりやすい例ですが、

社畜さん
おれにはこれといった実績もないしなぁ。
社畜さん
経理や総務といった管理部門で働いていて実績がわかりづらいんだよなぁ。

という方は、まずはリクナビNEXTに登録しましょう。登録すると、あなたの市場価値にあった求人情報を次から次へと紹介してくれます。つまり、ここで紹介される転職先の年収があなたの現在の市場価値という事です。

またリクナビNEXTは、今すぐ転職希望がなくても、「とりあえず登録しておく」という人も歓迎してくれているので、登録したからといって絶対に転職しないといけないということはありませんし、リクナビNEXTに転職を急かされることもありません。

それに登録も利用も無料なので、あなた自身への負担というのは一切かかりません。

ですので安心して利用することができます。

リクナビNEXTに今すぐ登録してみる

 

もっと手っ取り早く自分の市場価値を知りたいという方はミイダスを利用してみましょう。

必要な情報をサイトに入力するだけで、機械があなたの市場価値と適正年収を一瞬にして算出してくれます。

ミイダスで自分の市場価値を今すぐ診断してみる!

転職する気が無くても、登録だけでもしてみると面白いと思います。

いざ登録して、「おれの適正年収こんなに高いなら転職したほうがよくね?」と喜ぶのか、「おれの市場価値ってこんな低いのか….」と落ち込むのかはわかりませんが、今後のキャリアを決める上での指針にはなるはずです。

 

大きく年収を上げる方法は「転職」するか「副業」するかの2択

自分の市場価値がわかったら、年収を上げるためにすることは「転職」か「副業」です。

転職

労働力という基準でしか給料を決める事ができない会社を辞めて、あなたの価値を尊重してくれる条件の良い会社に転職します。

自分の市場価値(適正年収)が現職の年収よりも低い、もしくは同じくらいだった方は、今の仕事で結果を出す努力はもちろんですが、仕事以外の時間も自分の価値を高めるための努力をするといいでしょう。

例えば、空いた時間に勉強して次の仕事に関連する資格(TOEICや簿記など)を取ることで自分の市場価値を高めることができます。

今の会社が嫌になって感情的に辞めてしまうのも否定はしませんが、より戦略的に自分の市場価値を高めてから転職活動をした方が、結果的に転職に成功して年収が上がる可能性が高まります。

副業

もう一つの方法は副業を始めることです。

副業と一口に言っても様々なものがありますが、大きく分けて2種類あります。

・時間を切り売りするもの (例)飲食店でのバイト、化粧品の梱包作業 等

・長期的な資産になったり、スキルアップの役に立つもの (例)ブログ、アフィリエイト、Youtube、ランサーズ 等

どうせ副業をやるのであれば、2番目の長期的な資産になったり、スキルアップの役に立つものにチャレンジすることを強くおススメします。

なぜなら、これらは自分が手を動かさなくても24時間お金を稼いでくれる自動販売機になり得ますし、スキルアップしていけば自分の市場価値を上げることにもつながるからです。

そういった努力を本業とは別にコツコツ続けていれば、いつの間にか世の中が求めている価値を提供できるようになって、より条件の良い会社に転職できるかもしれませんし、独立して副業を本業にすることだって不可能ではありません。

※会社の就業規則でいまだに副業を禁止している会社もあるので、その点は注意してください。

 

会社の奴隷から抜け出し、あなた自身の価値を上げることで人生をサバイブしていきましょう。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です