ブラック企業を辞めたいあなたが退職代行を利用するべき3つの理由

退職代行

「ブラック企業に勤めてるんだけどもう限界。辞めたい…。」

毎日朝から晩までこき使われ、休日出勤は当たりまえ、残業代もつかず、パワハラもひどい。

このように従業員を搾取してくる会社は、あなたの心が壊れる前に今すぐ辞めるべきです。

普通に辞表を出して辞めさせてくれればいいですが、

「お前がいなくなると他の人に迷惑がかかる」

「辞める前にこれまでの損害を払え」

などの難癖をつけて辞めさせないようにしてくるクソ経営者やクソ上司もいます。

そういった場合の対処法が本記事を読めばわかります。

 

ブラック企業は一刻も早く辞めるべき

人の心は簡単に壊れる

ブラック企業を一刻も早く辞めるべき理由として、人の心は傷つきやすく簡単に壊れるという事があります。

うつ病は完治が難しい病気といわれており、一度なってしまってからではもう遅いのです。

自分は絶対にうつ病なんてならないと思っている人ほど要注意です。

あなたの一度しかない人生をわけのわからないブラック企業に潰されてはいけません。

ブラック企業を見極める方法ですが、下の3つの条件に2つ以上当てはまっていたら完全にブラック企業といっていいと思います。

・理不尽なパワハラやいじめ
・過度なサービス残業
・やりがい搾取

かくいう私もブラック企業を経験してうつになった経験があります。

当時は、ここで努力できなかったらどこの会社にいっても同じと思いこみ、劣悪な環境を当たり前と考えていましたが、私の努力はただ会社に利用されただけでした。

あなたも、今頑張っていることが自分の幸せに直結しているのか、ただ安い労働力として利用されているだけじゃないのか、振り返って冷静に考えてみてください。

良い子は見ないで!鬱になってハゲるブラック企業の闇エピソード【体験談】

2018.10.11

辞められるのがブラック企業にとって一番のダメージ

ブラック企業を根絶やしにしようと思ったら、そこで働いている人が辞めまくる以外ありません。

「ここで通用しなかったらどこの会社にいっても通用しないぞ!」

「石の上にも3年っていうでしょ。3年は我慢して頑張れ!」

「仕事辞める=負け組」

そんな脅しや刷り込みをしてくる人もいるかもしれませんが完全に無視しましょう。そう言ってくる人はそもそも世の中の会社の何を知っているのでしょうか?

ブラック企業にとっては、採用した人材にすぐに辞められるのが一番のダメージなのです。

人を採用するには、人材派遣会社や代理店にお金を払う必要があります。

その費用は、採用した人の年収の○○%などと決められているケースが多いのですが、企業にとって結構な大金になります。

採用した人が会社に利益をもたらす前に辞められると、ブラック企業は困るのです。

なので、あの手この手を使って辞めさせないようにします。その手法は見事なもので、希望と恐怖、アメとムチを使って非人道的な安い給料で飼い殺そうとしてきます。

辞めたいと打ち明けても、はぐらかされてうやむやにされたり、時期を勝手に決められたりする場合もあります。

会社に人がいなくなって困るのはあなたのせいではなく、絶対的に会社の責任です。

しかし、気が弱く心優しい人はコロっと騙されてしまい、きっぱりと辞めますと言いづらくなります。

そこで、役に立つのが退職手続きを代行してくれる退職代行サービスなのです。

ブラック企業はなぜなくならないのか?ブラック企業で搾取された筆者がその理由を徹底解説

2018.10.09

 

退職代行とは

退職代行とは、退職したいのに辞めさせてくれない、または、「辞めたい」と言いづらい職場環境にいる場合に、退職希望者に代わって退職の意思を伝えて確実に退職を実現させてくれるサービスです。

具体的にどんなことをしてくれるの?

退職代行サービスは主に2種類あります。

退職代行業者による退職代行サービス

退職代行業者による退職代行サービスは、退職したい人に代わって会社側に退職の意思を伝えるサービスです。

まず、依頼者の退職を実現するために、会社に対して電話等で退職の意思を伝えてくれます。

また、退職にあたり、有給の消化、保険証や貸与物の返却方法の指定などを依頼者の代わりに行います。

退職が完了するまでの気が重い「手続き」を全てやってくれるイメージです。

かかる金額はだいたい3万円~が相場です。

弁護士による退職代行サービス

弁護士による退職代行サービスは、上記の退職代行業者のサービスに加えて、

・未払い残業代の請求

・有給休暇の交渉

・会社から損害賠償を受けたときの対応

などについても相談に乗ってもらえます。

弁護士による法的な対応になるので、会社側も無視したり嫌がらせしたりは出来ず確実に退職できます。

退職の「手続き」だけでなく、依頼者の利益になる行為を全て行ってくれるイメージです。

かかる金額はだいたい5万円~が相場です。

 

退職代行がおすすめな3つの理由と利用に向いている人

ここでは退職代行がおすすめな理由と、こんな人向けのサービスですよという紹介をします。

そもそも、会社を自由に辞められない事じたい異常なのですが、精神的に追い込まれている人がいるのも事実です。

そんなあなたが、精神的に苦しまずに退職できるところに退職代行サービスの価値があります。

特に、ブラック企業に勤めていて辞めたいと考えている人は以下に自分が当てはまるかどうかチェックしてください。

上司のパワハラに脅されている人

パワハラ上司に脅されている人は退職代行サービスを利用するのに向いています。

上司が怖すぎて、退職を言い出しずらい。もし辞めるなんて言ったらブチギレられそう。といった場合です。

パワハラ上司
お前なんかここを辞めたらどこいっても通用しないよ。
パワハラ上司
今まで面倒を見てきてやった恩をなんだと思っている!お前の成長のためを思ってやってやったのに。
パワハラ上司
これまでミスして会社に与えた損害を弁償しろ!

言っていることはめちゃくちゃなのですが、会社の上下関係で従うしかなく、いやいや奴隷のように働いていないでしょうか。

パワハラが日常になっている会社では、こんな理不尽が当たり前になって怒号が飛び交っていたりします。

そんな環境に長くいれば人間らしい心は壊れてしまいます。

上司と顔を合わせたくない人

「上司の事が嫌いすぎて顔も見たくない!」

「上司に直接退職したいといったら、あやふやにされた。」

こんな人は退職代行サービスを利用するのに向いています。

退職代行では、全ての手続きを郵送で済ませるので上司と直接顔を合わせる必要がありません。

もちろん会社とのやりとりは全部やってくれるので、サービスを依頼したその日から会社との接点を消すことが可能です。

退職の申し出にかかるストレスを一切無くせるのは大きなメリットです。

マジメで責任感が強すぎる人

「自分が辞めたら残されたメンバーや会社に迷惑がかかる」

このような責任感が強すぎるせいでブラック企業を辞められない人は、退職代行サービスを利用するのに向いています。

なにもかも背負い込みすぎてストレスがたまり、いつか限界が来るのが目に見えているからです。

自己犠牲の精神が強い「マジメでいい人」が多いのですが、そんなあなたは自分自身の身体や心をまずは大切にしましょう。

逃げ出すのは恥ずかしい事ではありません。

逃げて逃げて逃げ回った先に、あなたの本当の居場所が見つかるはずです。

 

おすすめの退職代行業者

定額制退職代行サービス「SARABA」

SARABA

退職代行を利用しようと思ったときにおすすめなのが、定額制退職代行サービス「SARABA」です。

いわゆる退職代行業者による退職代行サービスで、以下の特徴があります。

価格が安く追加料金が発生しない

SARABAの料金は一律29,800円(税込)です。しかも、追加料金は一切発生しません。

この金額は他の退職代行サービスと比べても最安値です。

ほぼ100%退職できる(返金保証あり)

SARABAを使うと、ほぼ100%退職することができます。

ほぼ100%というのは、失敗したというよりも、依頼主が転職よりも休業を選んだことが過去にあったためだそうです。

つまり、実質的には100%ですが、退職には至らなかったわけなのでほぼ100%という表記になっています。

そもそも退職は「労働者の一方的な告知として認められる権利」なので、失敗することは基本的にありませんが、万が一退職に失敗した場合には全額返金してもらえます。

転職先も紹介してくれる

SARABAは人材紹介会社と提携しているので、退職が決定したら転職を無料でサポートしてもらえます。

退職代行の流れについて

SARABAの退職代行の流れは以下のとおりになります。

「SARABA」公式サイトから申し込む(名前、メールアドレス、電話番号、転職サポート希望の有無を記載)

SARABA 申し込み

依頼料を振込む

ヒアリングシートを記入(会社情報や本人情報など)

ヒアリングシートを元に、会社に連絡

退職代行でよくある疑問

本当にすぐに退職できるのか

可能です。

原則、民法の規定上は、2週間前に会社に対して告知する必要があります。

ですが、本人が今日から出勤しないのに、会社は社会保険料を負担することになるため、即日で退職が認められる形になります。

どんな職種でも利用できるのか

正社員、派遣社員、アルバイトなど職種に問わず退職代行サービスを利用することができます。

比率的には、5割が正社員、2割が契約社員、2割がパート、1割がアルバイトです。

辞めた後の給料はどうなるのか

辞めた後の給料は、通常は労働者に払われます。労働者の権利ですし、会社の義務です。

会社が不誠実で、

・給料の支払いを拒んだ場合

・サービス残業の支払いを拒んだ場合

・退職金の支払いを拒んだ場合

などの場合は、SARABAでは対応ができないので、弁護士による退職代行サービスに相談するのがいいでしょう。

まとめ

ブラック企業はあなたの人生に責任をとってくれません。

ブラック企業につかまると人生の貴重な資産である時間・健康・お金・キャリアといったものが全て奪われてしまいます。

心が壊れてしまう前に、退職代行「SARABA」で人生をリスタートしましょう。

退職代行「SARABA」無料相談はこちら

 

弁護士による退職代行「汐留パートナーズ法律事務所」

弁護士による退職代行を探している方は「汐留パートナーズ法律事務所」がおすすめです。

値段はSARABAと比べて54,000円~と少々高いですが、

・給料の支払いを拒んだ場合

・サービス残業の支払いを拒んだ場合

・退職金の支払いを拒んだ場合

・損害賠償請求をされた場合

などの会社側が不誠実な場合の相談にも乗ってもらえるので、心強いです。

弁護士による退職代行「汐留パートナーズ法律事務所」無料相談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です